2021年11月29日

第6回定期総会開催しました


タイトル看板.JPG



安心社会へ 新たなチャレンジ

〜すべての働く仲間とともに「必ずそばにいる存在」へ〜



総会全体写真.JPG




11月19日(金)、田辺地域労働者福祉センター会議室において、地協第6回定期総会を開催しました。

総会議長には関西電力労働組合田辺支部の松本代議員を選出。
報告事項では、2021年度一般活動報告と決算報告が承認されました。続いて、審議事項では、第1号議案・活動方針、第2号議案・2022年度会計予算、第3号議案・役員選出を提案し、全議案が承認されました。


新役員として、議長には西瀬憲宏氏(熊野交通労働組合)、議長代行には笠松大樹氏(和歌山県職員労働組合西牟婁支部)、副議長には畑平尚生氏(JP労組黒潮支部)、幹事では大平広至氏(北越物流労働組合紀州支部)が就任されました。

新役員.JPG

(新役員の皆さま)



新役員を代表して西瀬新義長より、
「人口減少・超少子高齢化に伴う地方経済の縮小で取り巻く環境は厳しさを増しています。感染症の影響で従来行ってきた活動が難しくなってきている中、過去の歴史や取り組みをしっかりと認識するとともに、加盟組織の皆様の知恵を結集して議論を行い、今出来る取り組みををしっかりと行いながら、新たな活動スタイルを創り上げて、本日ご承認頂いた方針に沿った連合運動としてのメッセージをより多くの人に届ける事が出来ればと考えています。」と就任挨拶されました。


DSCN4467.JPG



また、総会をもって、阪本実議長、湯場敦議長代行、大久保尚洋副議長、大鍋幸雄幹事が退任されました。
任期期間中、地協活動に多大なるご尽力を賜りました事お礼申し上げます。


退任役員.JPG




また、来賓として連合和歌山よりM地正由会長に出席頂きました。

M地会長挨拶.JPG

(連合和歌山 M地正由会長)


連合推薦議員の和歌山県議会議員の谷口和樹様と田辺市議会議員の松上京子様からは祝辞メッセージを頂きました。

本総会は、定数代議員・特別代議員27名中、出席代議員11名、委任状16名、役員幹事15名出席での開催となりました。






44.png


posted by 管理者 at 15:49| 日記